Dear to you

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫背。 by むし倶楽部


Edit Category 06のつく日は『むし倶楽部』 Tagged  都立薬用植物園    
fcIMGP0112.jpg
良い子のみなさ~ん、蜜を吸うときは背筋を伸ばして吸わないと猫背になりますよぉ~♪
・・・って、嘘ですよぉ~(^^ゞ

No.016 『?○△○?シロオビノメイガ
fcIMGP0110.jpg
私・・・いまだに蝶と蛾の区別がつかないのですよね。
区別する方法として、止まっているときに翅を立てるか(蝶)広げるか(蛾)・・・とか、
写真のは広げているから蛾なのでしょうか?でも、お目目が蝶のような・・・。
区別の方法は読んで見たものの、いまひとつわかりません(+_+)

そうそう、この区別ですが、ドイツやフランスには両者の区別はないそうですね。
とくに、ドイツといえばゴミの分別!そのイメージから、こちらもきっちりと区別しているのかと思いました(笑)

ちなみに・・・
日本は江戸時代にイギリスの影響で、蝶(Butterfly)と蛾(Moth)の概念が浸透したとか・・・。
万葉集に蝶の歌が一首もないそうですが、この当時はまだ区別していなかったわけで、関係があるのかな?
虫から見えてくるもの、おもしろ~い!

・・・と、昼間訪問してくださった方にはもうしわけありませんが、
ドイツ語でも区別あります。蝶はSchmetterling, 蛾はFalter。」
というコメントをスイス在住の
さゆりのフォト日記のさゆりさんからコメントをいただきました。
さゆりさん、感謝!

良い子のみんなに嘘つくところでした。ごめんなさ~い<(_ _)>


2012年11月04日、13:48、東京都小平市・都立薬用植物園(お花は『ヤクシソウ』)
本日クラブ活動のため、コメントの返信はご訪問にかえさせていただきます<m(__)m>

*********************************************
』がつく日は『むし倶楽部
詳しくは、発起人NOZOさんの★進め!!野外探検隊★まで
*********************************************
Community テーマ - 昆虫の写真  ジャンル - 写真 

Newer Entryその名は・・・。

Older Entry喜びぃ~♪ by 雑草倶楽部

Comments

こんにちは 
訪問が遅くなってすみません。
シロオビノメイガ、白い線がカッコイイですよね!
蝶と蛾、NOZOさんにいろいろ教えて貰ってとても勉強になりますよね~
イメージ的には、ヒラヒラしてじっとしていなくて、羽がか弱そうで綺麗なのが蝶、
じ~~っとしてて暗い感じで羽もごついのが蛾みたいな感じですよね。

種類も沢山あるみたいだから、よく分かりませんよね。
でもむし倶楽部のお陰で、植物と同じように昆虫たちも観察して撮れるのでよかったと思います。
 
 
むし倶楽部という目的があると
使命感で“蛾”とかも平気で撮れちゃうから不思議ですよね♪

今回はいろいろ勉強になりますね(w)
 
 
日本では、蝶は美しい生き物として認めて貰えなかったんですね。
いつ頃からかな…
蝶が愛でられるようになったのは。
 
あら~、今日は「蛾」の日ですね~ 
こんばんわ。
蝶と蛾の違いの一つとしてあげられるのが、昼の蝶、夜の蛾つうものありますけど、蛾も結構昼間いるもんね。確かにタテハチョウなんか、結構胴体が毛深くって蛾みたいだななんて思った事ありますよ。
しっかし、蛾と蝶のみならず、蛾と蜂の違いも、わからんかったもんね。ましてや、蛾と蝶は分けなくってもよいってことで。
え?駄目って?
 
 
わからんけど
綺麗なのが蝶でそうでないのが蛾
だと思ってた(笑)

っで、ダリアの答えは明日??

 
んーと 
「蝶」と「蛾」の違いは便宜上のもので、明確な基準があるわけではないんですよね。
チョウでも、タテハチョウの仲間は翅を広げるし。
ガでも、カレハガやウワバの仲間は翅が立っていますしね。
あと、触角の違いもよく言われますが、例外がたくさんいます。

生物学的には、どちらも「チョウ目」(鱗翅目)で区別しません。虫屋(生物の世界では、専門を「○○屋」と表現しますwww。たとえば自分は「野ネズミ屋」です)で特にチョウ屋さんたちは、「チョウとガは区別できない!」とよく言っていますね(笑)。
分類の「チョウ目」にしたって、文科省が「動物の分類をカタカナ表記にするよーに」としたわけですが、「『チョウ目』じゃ「ガ」を差別しているから『鱗翅目』に戻すべきだ」なんて意見も根強いです。

結局、ニンゲンの主観でしかないんですよね。
キレイならば「蝶」、地味、または模様や毛がキモチワルイものは「蛾」と区別しているだけなんです。
(アゲハモドキなんていう「蛾」もいますねww)

で、この写真の子は、シロオビノメイガ。
「蛾」ということになります。
花にくる蛾ですが、そこそこかわいいですよね。
 
 
スイス在住の、お友達がいるんですね~。
明らかになって、良かったです♪

蝶と蛾の区別。
確かに分かりづらいけど、可愛いのが蝶、
あんまり可愛くないのが蛾。
これじゃあ、ダメ?(笑)
 
 
こんばんは☆

ドイツは蝶と蛾の区別なし?!
信じがたい所がゴボーっと抜けているんですね~♪
虫音痴(爆)のサイモンでも首を捻ります(苦笑)
 
 
ドイツ語でも区別あります。蝶はSchmetterling, 蛾はFalter。
ここ数日、妙に暖かいスイスです。
 
 
多分・・・
蛾だと思います。
羽を立てるか
羽を広げるかの見分け方
きゃふさんもそう教わりました!(^O^)y
 
 
おはようございます

awaさん、すごいなぁ・・、と思います☆
こうやって一つの事柄から、どんどん深めて行って・・。

私も蛾は苦手ですが、それに寄せる想いは新たになりましたよ。

ハイ、猫背には気を付けます~~。
 
 
おはようございます。
確かに、御話された通り、
蛾と蝶の分別が付かないという
声をブログにて目にした事がありますね。
全部に応援
 
 
なるほど~!!
勉強になりました。
蝶も蛾も似ていますが、かたや「てふてふ」などと、昔から愛され、かたや忌み嫌われて。。。
似て非なるものなんですね。
どちらも可愛いのにと、蛾嫌いを克服した僕は思います。
写真のおかげです^^
 


 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
コメントリスト♪
コメントありがとうございます♪
↓↓↓
Comments<>+-
Trackback <> + -
 
主催・参加倶楽部♪
各倶楽部の代表者のリンクです♪
お名前をクリックしてね♪
↓↓↓
06のつく日は『むし倶楽部』  ⇒NOZOさん
08のつく日は『8na8na-club』⇒主催・awa
21日は『びみょ~なる一族』 ⇒だぁなさん
25日は『雑草倶楽部』   ⇒喜サンタさん
             ⇒snap-kさん
↓雑草倶楽部の皆さん↓

今月の雑草倶楽部
(毎月25日)
PM8~9時開催

 
カテゴリー+月別アーカイブ
 
<ウエブアルバム>
当プログでアップした写真は、
Google+にまとめてあります♪
(下記画像をクリックすると
  別ウインドウが開きます)
  2010-0404-1227ブログ用
     <月別アルバム>
●アルバム・2014年01月
  2013-1124-1143ブログ用
 
ユーザータグリスト
 
ブログ別更新お知らせ♪
こちらで更新お知らせしちょります♪
↓↓↓

↑↑↑
テーマ別のブログもやっています(*^^*)
これらの更新お知らせをFacebookページ
&Twitterでしております♪♪♪♪♪♪♪
アカウントがない方でもご覧になれます。
ブックマークよろしくお願いします♪♪
↓↓↓
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。